10月には、遅い来襲の台風に驚かされましたが、運動会・秋見つけ・芋ほりなど戸外で活動することが多くあり、実施出来て良かったです。11月も、ちょっぴり冷やりとする中、十分に戸外活動が楽しめる時期です。お天気の良い日には外に出て、秋の自然やいろいろな事象に興味をもって生活したいです。最近では、生活が便利になったことで、全身を使って生活することが少なくなりました。しゃがむことが出来ない子、長時間立っていることが出来ない若者などが増えているのはそのためでしょうか?身体の基礎が出来る幼児期に全身をを使った遊びをたくさん取り入れたいですね。
11月は虐待防止推進月間です。虐待には、殴る・蹴る・叩く・投げ落とす・激しく揺さぶる・やけどを負わせるなどの身体的虐待を思い浮かべますが、他にも子どもへの性的行為、性的行為を見せる、ポルノグラフティーの被写体にするなどの性的虐待、家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かないなどのネグレクト、言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(DV)など心理的虐待も児童虐待にあたります。「まさか、虐待なんて!」と思っていても忙しさや体調が悪いと、イライラしてつい怒鳴ってしまうことがあったり、お子さんの呼びかけを無視したりすることがあるかもしれません。そんな時は、深呼吸をして先ず自分をリラックスさせましょう。子育てに悩んだら、一人で抱え込まず、周りの家族や保育園にご相談下さい。
ご家族はもちろん、皆で協力して、お子さんの健やかな成長を見守りたいですね。