さわやかな5月、外遊び・泥んこ遊びを楽しみました。春の遠足は、好天に恵まれレゴランド名古屋へ出かけることが出来ました。初めての場所で心配しておりましたが、親子の触れ合いやお友達との交流など、楽しいひと時を過ごして頂いた事と思います。ご参加頂き本当にありがとうございました。また、ご意見などお聞かせいただければ、幸いです
今月は、食育月間です。保育園でも子ども達は、楽しく食べることや、食べる時のマナーを身につけたり、近隣の畑で旬の作物を見ることや、トマトやサツマイモなどを育て収穫し味わうことで、視覚・触覚・嗅覚・聴覚・味覚など、五感を使って体験しています。また、行事食など旬なものを美味しく味わう先人の知恵にふれたり、それら一つ一つには、子どもらしい感動や、発見があり、保育士も一緒に体験したり、感動したり楽しい時間です。食育活動は、そうした経験を通して、自然の恵みに感謝すること、農作物を作ってくださる方への感謝や、食べることの楽しみや大切さを学び、健全な心身・豊かな人間形成の礎を育むことを目標にしています。
新年度が始まり、2か月が過ぎて保育園の生活にも慣れてくると、お友達と関わって遊ぶ姿が多くなります。
お友達と遊ぶことの楽しさを味わうと同時に、あちこちでトラブルも発生します。あらあら大変!!しかしながら子ども達にとっても、保育士にとっても学びの瞬間です。なぜ自分の思い通りにならないのか?どうして自分の気持ちを分かってくれないのか?どうしたら上手く伝えることが出来るのか?子どもなりに悩みます。感情が高ぶると、手や足が出たり、噛みついたりに発展することもあります。もう大変!!しかしながら、本人の気持ちを受け止め、お友達の気持ちを代弁し、お話します。この子の気持ちを理解していたかな?あの子はわかってくれたかな?遊びの環境がたりないのかな?
保育士も反省することがありますが、こうした経験を重ねて、集団の中で遊ぶ楽しさを学んで欲しいです。