頬を撫でる風が冷たく感じられ、遅れていた金華山の紅葉も色付きました。桃・黄・白組さんは、雄日ヶ丘公園まで徒歩で真黄になったイチョウの葉を見に出かけました。今月中に、赤・うさぎ組もバスに乗って木の葉がはらはらと舞い落ちる中、去りゆく秋を満喫したいです。
11月には、内科健診が行われましたが、大きな異常はありませんでした。歯科健診後、結果のお知らせを持ち帰ったお子さんは、早めに受診していただきますようにお願いします。11月には手足口病や溶連菌感染症等にかかったお子さんがおられました。12月に入るとインフルエンザやノロウイルスなどの感染症も増えてきます。ほけんだよりでも紹介しましたが、集団生活では感染はまぬかれない場合もありますが、まずは菌に負けない体づくりを心がけて頂くことが大切です。感染症には重症化する可能性のある場合もありますので、もし感染症が疑われたときは自己判断せず早めに受診して頂きますようお願いします。
作品展に向けて、ご協力頂きました廃材を利用して、様々な造形活動に取り組んでいます。子ども達の造形活動は、遊びから始まって一人一人のイメージが膨らみ形となっていきます。今年は「ぼくとわたしのすきなもの」がテーマとなっていますので、どんな作品が出来上がるのか楽しみです。当日の展示には、保育士が名前を付けたり、テーマに沿った飾りつけをします。お隣やお友達の作品も気になり、つい出来上がりを評価しがちですが、お子さん一人一人、作品が出来上がるまでに悩んだり 失敗したり、お友達と協力したことなど、それぞれ違った道のりがありますので、作品を見ながらお話を聞いてあげてください。

お知らせ一覧