10月には、運動会が雨のため延期になり平日実施になりましたが、たくさんの方にご参加いただきありがとうございました。中旬以降は好天に恵まれ、秋見つけ・芋ほりなど戸外で活動出来ました。11月も、ちょっぴり冷やりとする中、十分に戸外活動が楽しめる時期です。
お天気の良い日には外に出て、秋の自然やいろいろな事象に興味をもって生活したいです。子ども達の興味や関心は無限です。一人一人の遊びがじっくり遊びこめるのもこれからの時期ですね。保育園だけではまだまだ時間が足りないくらいです。
保育士が声をかけると「ちょっと忙しいから…あとでね」と逆に叱られる場面もあり「ハッ!」とします。どこかで見たような光景だと思いませんか?保育士自身が反省したりもします。子どもには子どもが自由に遊び・自ら学ぶ権利があるのです。大人の都合で、知らず知らず大切な機会を奪っていることがあるのです。

11月は虐待防止推進月間です。虐待には、殴る・蹴る・叩くなどの身体的虐待を思い浮かべますが、性的虐待、ネグレクト、言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(DV)など心理的虐待も児童虐待にあたります。
「まさか、虐待なんて!」と思っていても忙しさや体調が悪いと、イライラしてつい怒鳴ってしまうことがあったり、お子さんの呼びかけを無視したりすることがあるかもしれません。そんな時は、深呼吸をして先ず自分をリラックスさせましょう。子育てに悩んだら、一人で抱え込まず、周りの家族や保育園にご相談下さい。子ども達のすてきな姿をお伝えできればと思っています。
ご家族はもちろん、皆で協力して、お子さんの健やかな成長を見守りたいですね。