新緑が目に鮮やかな季節となりました。子どもたちは、戸外遊びを満喫しています。

4月、保育園では、初めてお母さんから離れて泣いていた子も、保育士にいっぱい抱っこされて、お友達の輪の中に入っていけるようになりました。後ろ髪をひかれていた親御さんにとっては、嬉しくもあり、お子さんの成長がちょっぴりさみしく感じられる時ではないでしょうか?「愛情いっぱい接しているのに、なんでこんなに泣くのかしら?」と悩み、泣いていたことが嘘のように手を振って登園できるとホッとする。保育園では、よくある光景ですが、初めて入園させた親御さんにとっては、毎日のお子さんの姿に一喜一憂し、お子さん同様、嬉しさ半分、悲しい思いもされたのではないでしょうか。子育ては、お子さん一人一人違いますし、ご家族にとっては一つ一つが、大問題なのですよね。毎日多くのお子さんと向き合う保育士も尚更毎日が葛藤なのです。しかしながら子どもの気持ちに寄り添って押したり引いたり、ちょっとしたコツと心のゆとりで子どもとの時間が楽しくなってくるのです。色々な場面で、子ども達から教えられることも多いです。子育て中では「やられた~!」と思った事件も、しばらくすると大笑いできるエピソードにかわっていくことばかりです。どうか保育士に気軽に声をかけてください、一緒にお子さんの成長を楽しみましょう。長いお休みがあります。コロナウイルス蔓延防止等で気を付けることも必要ですが、子どもたちにはご家族とのふれあいの時間が最も大切です。

病気やけがに気を付けて、ゆっくりお過ごしください。お休み明けは、御家庭が恋しくて悲しくなることもありますが、体調が良ければすぐに笑顔で登園できるようになりますよ。