暑中お見舞い申し上げます

7月初旬は天候が悪い日が続いたために、お水遊びが出来なくて寂しいスタートとなりましたが、後半は毎日水遊びを楽しめました。未満児のクラスは、手足口病の大流行に悩まされましたが、これ以上広がらないことを祈るばかりです。
テラスでは、白組さんの凛々子トマトも真っ赤になり、収穫して味わいました。子ども達の反応は様々でしたが、甘くておいしかったようです。保育園の畑でもたくさんの凛々子トマトが収穫できました。黄・桃組さんも収穫して味わえたらと思っています。まだまだこれからが暑さが本番ですので、手足口病で水遊びが出来なかったお子さんも、今月いっぱい楽しめたらと思います。熱中症などに気を付けながらですので、戸外に出るのは短い時間ですが、汗をかくことも、暑さに負けない体を作ることには必要です。プール遊びの他に、ボディーペインティングや色水遊びなど子ども達が楽しめる遊びを通して、体作りが出来たらと思っています。熱中症にならないためにも、ご家庭でもきちんと食事を摂り十分な睡眠を心がけてください。お忙しいところですが、少しでも体調に気になることがありましたら、必ずお知らせいただきます様おねがいします。
子どもは夏を過ぎると一回り大きくなるといいます。体だけでなく心も大きく育っています。お盆の帰省や夏のお休みには、ご家族だけでなく、年齢の違う従兄妹や、祖父母様と触れ合う機会を設けていただくことで、普段とは違った経験や学びの機会が出来ることと思います。
ご家族とゆったりとお過ごし頂き、一回りも二回りも大きくなるお子さんと一緒に楽しい学びがたくさんできるといいですね。

お知らせ一覧